読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラグイン常習者が素の Vim しかない状況になったときに便利だったコマンド

普段は vimfiler や unite を常用していますが、最近、素の Vim を使う機会が多いです。
とは言っても、Linux サーバ上でテスト用の設定ファイルをちょっと編集したり、コードの確認をしたりといった簡単なものですが。

PC にダウンロードしてきて秀丸で編集という方法もあるのですが*1vimmer の端くれとしてはそれもどうかと思うのとダウンロード/アップロードがめんどくさいというのもあり、復習がてらよく使うコマンドをまとめてみました。
カーソル移動系や各種編集系など、プラグイン有無に関係なくよく使う基本機能は使える前提です。

さすがは Vimです。いくつかコマンドを覚えただけで、前述の簡単な内容であればほとんどストレスなく使えるようになりました。

プラグインや .vimrc で自分好みにカスタマイズできるのは Vim の魅力ですが、素のままでも使いこなせば充分パワフルなのも Vim の魅力ですね!

バッファ

普段は unite でバッファ一覧を開いて操作してます。

:ls バッファ一覧を表示
:bn 次のバッファに移動
:bp 前のバッファに移動
:b バッファ名*2 指定したバッファを開く
:ene 無名バッファを開く

一時的なメモ取ったりするのに無名バッファが地味に便利。

補完

普段は neocomplcache で自動補完。

or インサートモードでの補完

Vim の補完系は他にも色々ありますが、とりあえずこれで最低限は問題なし。

検索

これはいつも使ってるかな。

* カーソル下の word を検索
:cope grep 結果の quickfix を開く
:ccl quickfix を閉じる
:cn quickfix で次の該当箇所へジャンプ
:cp quickfix で前の該当箇所 へジャンプ

 

ファイル操作

普段は vimfiler にお任せ。

:e ディレクトリパス ファイルリストを開く
gf カーソル下の文字列をファイル名として開く

 

シェル

普段は vimfiler 経由で vimshell か bash を使ってます。

:suspend or Vimサスペンドする
fg Vim をフォアグラウンドに戻す

*1:自分の PC ではないので Vim は入ってない

*2:ls の表示結果